スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

   
category : - | - | -
ページトップ▲

お葬式ときものの着付け

冠婚葬祭は、きものの着付け方のなかでも特にしきたりに配慮することが大切となり、きものを着慣れない方にとって頭が痛いものです。
結婚式においては、あくまで花嫁が主役ですから、花嫁そっちのけの派手ないでたちで式に参列することは控えたいものです。また、お葬式においては、亡くなった方やそのご遺族の悲しみを配慮し装いをすることが大切です。

特にお葬式の装いは、肉親の方がお亡くなりになった場合と、親戚の方のご不幸、あるいは友人、お知り合い、ご近所の方のご葬儀など、いろいろな場合があります。亡くなった方との関係によって、その装い方も違ってきます。

きもの
普通、女性の正式な喪装というと、黒の喪服が考えられます。黒地の染め抜き五つ紋付を意味します。生地は関西と関東で異なり、関西では一般にちりめんを、関東では羽二重(はぶたえ)を用いるのが恒例です。いずれも地模様のない無地のものを用います。


黒共名古屋帯または袋帯で、無地のものを(たとえば、紋襦子(じゅす)など、が良いでしょう)締めます。

帯締め・帯揚げ
帯締めは黒平綸子(ひらりんず)、あるいは羽二重の丸ぐけに、帯揚げも合わせて黒平綸子が良いとされます。

ぞうり
足もとへの配慮も大切です。喪装の際には、ぞうりは台が黒、鼻緒も黒の布地が正式とされます。あるいはつや消しの皮のものでもいいでしょう。

お葬式の装いにおいて大切なことは、悲しみの心を誠実に示すようにすることです。そのためには、目立つことのないよう、控えめにすることを第1とします。
   
category : - | comments(2) | trackbacks(0)
ページトップ▲

祝宴の席での女性の礼装とは

着物の場合、目的にかなった装いをするための決まりごとがたくさんあります。これは洋服についてもいえることですが、TPOを考えてコーディネートを重視した着付けの仕方をすることが大切です。
実際には、きものそのものの材質や柄ゆきだけなく、帯合わせ、帯締め、帯揚げ、さらにバックやぞうり、コート・羽織、髪飾りなど、に至るまで、きものと格をそろえて、全体的な着付けを考えます。

結婚式・披露宴での女性の礼装
着物の美しさがもっとも引き立つ、結婚式や結婚披露宴の席での装いです。おめでたい席にふさわしく、格調高く装いたいものです。基本となる「きもの」と「帯」を中心に、親族側とご招待を受ける側のミセスそれぞれ、およびミスのコーディネートを考えてみたいと思います。

親族のミセス
・きものは、ミセスの第一礼装である、黒留め袖がふさわしいでしょう。
・帯は、丸帯か袋帯にします。格調の高い柄ゆきを選びます(たとえば、唐織りや、つづれ錦、金襴、銀欄の吉祥文様、などがいいでしょう)。帯の結び方は、二重太鼓にします。

招待を受けるミセス
・きものは、色留め袖か、訪問着がいいでしょう。
・帯は、丸帯か袋帯。黒留め袖に準ずる格の高いものを選びます。結び方は二重太鼓にします。

ミス
・きものは大振袖、中振袖、あるいは訪問着。
・帯は、丸帯か袋帯にします。華やかな色調で、格の高い柄を選びましょう(たとえば、佐賀錦や金襴、銀欄、などが素敵です)。結び方はあでやかに、ふくら雀、立て矢、文庫、蝶結びが良いでしょう。
   
category : - | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

七五三の意味と祝着

七五三のお祝いは、子供の成長を感謝し、将来の幸せを祈って神社に参拝します。
子供のきものは、成長に応じて一つ身、三つ身、四つ身と変わります。

【七五三 三歳】

三歳のお祝いは男の子と女の子共通で「髪置の祝い」

祝い着、長じゅばんは、ともに七歳まで利用できるものが理想です。

一反で被布とおそろいに四つ身仕立てのきものをそろえます。
本来は二枚重ねが正式とされていますが、小さなお子さんには二枚重ねは無理でしょうから、付比翼か伊達衿をつけて華やかにします。
帯は作り帯にします。


【七五三 五歳】

五歳が男の子の「はかま着の祝い」

黒羽二重のきものと羽織にはかまをつけるのが、正式な装いとなります。


【七五三 七歳】

七歳が女の子の「帯祝い」

七歳で作る祝着や帯は、本裁にして四つ身の寸法で仕立てるとよいでしょう。きものの地は錦紗、一越、綸子地で友禅染にすると華やかでかわいらしくなります。

腰あげは、身長から着丈を引いた分を腰上げ分とするのがよく、位置は小さなお子さんの場合は、着丈にあげ寸法の2分の1を足したものを半分、大きなお子さんには着丈にあげ寸法の3分の1を足したものの半分があげ山にくるようにすると形よくなります。
   
category : - | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

母親のきもの 入学式・卒業式

お子様の入学式や卒業式に出席なさるお母様は、どのような装いをしたらいいのでしょう。小学校に上がられるお子様の入学式の場合は、お子さま自体の準備を整えるので精一杯で、ご自身のきものの着付けまではとても手が回らず、洋装にしようという方もいらっしゃるでしょう、また、下のお子様がまだ小さくていらっしゃる場合には、なおさら大変です。
しかし、入学式や卒業式は、お子様の晴れの日であるとともに、それまでお子様を見守ってこられたご両親にとっても晴れがましい大切な日です。お母様も、是非、おきもので装われてはいかがでしょう。

入学式のお母様のきもの着付け

入学式は、これから学校にあがられる、小学生のお子様のお母様ならば、つつましい服装が好ましいでしょう。あまり粋な感じや、個性を強調するコーディネートは、好ましくありません。母親らしい落ち着きと格調をあらわすものが良いと思われます。

若いお母様なら、色絵羽がいいのではないでしょうか。できれば、一つ縫い紋をつけたものがいいですね。
また、お子様が中学生になられるという場合には、一つまたは三つ紋の黒紋付、または一つ紋の縫い紋をつけた黒絵羽織でも、結構です。

きものは、幼稚園や小学校に上がられる幼少のお子様のお母様ならば、無地の着物、友禅小紋、など。中学生以上のお子様のお母様ならば、江戸小紋などもいいでしょう。

帯は、織りの名古屋帯にします。帯つきで羽織なしならば袋帯にします。
   
category : - | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

着物と季節感

きものの着付けには、洋服とは比べ物にならないほどのしきたりがあります。社会の多くのしきたりが薄れていく昨今、きものしきたりの難しさを嘆き、だからきものから遠ざかってしまうのではなく、逆に、日本の伝統ある文化と四季折々の味わい、ムードを表現する手段として、きもののしきたりに沿ったなかでも美しさを見直してみられてはいかがでしょう。

きものの装いには、季節ごとの細かなしきたりがあります。いわゆる「衣替え」の伝統にあった装いをすることが大切です。「きもの季節」は、必ずしも現実の暑さや寒さとは一致しません。昔は、夏物は4月からでしたが、最近はそれでも6月からとなります。

たとえば、夏物は、6月1日から8月30日までです。紗(しゃ)や絽(ろ)の薄物は7月、8月の盛夏にぴったりとされます。
盛夏には特に透ける、薄物の素材が季節感があります。染物では絽(ろ)のたぐいがよいとされます。ちょっとしたお出かけ用の街着には、麻や上布(じょうふ)、縮(ちぢみ)が向きます。
冬物は、10月1日から5月31日までです。ちりめん類そのほかにあわせをお召しになるのが適当です。
また、季節の変わりめは、何を装うか、頭が痛いものですが、特にちりめんやつむぎ、お召しのひとえは、6月と9月に装うためのものとされます。一方、6月と9月は、普通のひとえにしますが、10月になったら、あわせの表生地をひとえで着るとよいでしょう。

昔の人が、伝統と日本ならではの気候のなかで生み出してきたしきたりに従うことで、私たちが現代の生活のなかで見失ってしまった季節感を取り戻すことができるのではないでしょうか。
   
category : - | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

着物の着付け しきたりと個性

着物の着付けというと、しきたりや、決まりごとが多くて遠ざかってしまいがちになってしまうのではないでしょうか?

たしかに、きものの着付けには、洋服とは比べ物にならないほどのしきたりがありますが、先日聞いたラジオで、老舗の旦那さんが「タキシードなどでも時代によって変化しているのだから、あまりこだわり過ぎなくてもいいですよ」というようなことを発言されていました。

基本的なポイントさえはずさなければ、そんなに細かいことにまでこだわらなくても良いのではないでしょうか?

きものは着る方の個性やお好みを反映した着付けをすることもできます。


たとえば、衣紋(えもん)をかなり大胆に抜いたり、胸元はふっくらと余裕をもたせたり、半えりを多めにのぞかせるこでも、着慣れた感じや、粋な着こなしになります。

逆に、衣紋を抜きすぎず、えり合わせを細めの校型にし、半えりも細めに出すようにすると、シックでおしゃれな着付けになります。


また、帯の結び方や、位置でも着物を着る方の個性が出せます。

帯の位置を低めにし、帯幅を広めに、斜めに帯を締め上げると、粋な着こなし方となりますし、普通のおたいこで、少々斜めに形付け、帯締めをほんの少し斜めにするだけでも、かなり粋な着こなしになります。


きものの着付け方で、若いお嬢様らしい初々しい着付けや、ミセスらしい落ち着きのある着付け、奥様のしっとりと含みのある、たおやかな着付けなどなど、きものをお召しになる方それぞれの美しさを引き立てることができます。


それでは、シチュエーションや、季節などに合わせたポイントを見ていきましょう。
   
category : 着物の着付け | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲
Page: 1/1   
着物の着付けとで個性アップサイトトップへ